熱血最強ランキング

世界の面白い話や衝撃的な事実、怖い話など 思わず一晩中見てしまいそうな動画をアップしていくブログです。 Youtubeの方へもランキング動画を投稿していますので そちらもの方も見て行ってください。 どうぞよろしくお願いいたします。

北朝鮮の美女軍団 激ヤバな実態 5選

f:id:Phantasia:20170725085630j:plain

北朝鮮の前指導者・金正日や、彼の側近に対する

奉仕の為に組織された美女軍団・『喜び組』。

 

あなたもニュースなどで見た事がありますよね?

 

1984年12月に創設され、金正日が彼の父・金日成に取り入るために組織したそうです。

 

その目的は「喜びを与え、休息を確保する」

というものだそうですよ。

 

金正恩政権でも健在とされている『喜び組』ですが

実は私たちの耳を疑う『奉仕』を行っているのです!

 

今回は、北朝鮮の美女軍団『喜び組』の

知られざる実態を5つ紹介いたします!


北朝鮮の美女軍団「喜び組」の衝撃のヤバ過ぎる実態が判明!金正恩政権でも健在、驚愕の美人集団の選抜条件とは?その真相は?!

 

■優遇された生活のウラ

f:id:Phantasia:20170725085720j:plain

喜び組』に選出された女性は6ヶ月ほど教育課程を受ける事になります。

 

最後の教育課程では、海外に出かけて研修を受けるのだそうですよ。

 

北朝鮮の一般市民は、海外はもちろん、国内も自由に旅行できないので、珍しいことですよね。

 

その後、彼女たちは党幹部の護衛部に配属され、少尉の階級が与えられます。

 

実際にSPなどの任務に就くわけではありませんが給与は一般労働者の2倍から3倍の金額が支給され…

 

祝日などには、一般市民が入手できない食料品などが家族に届けられるそうです。

 

「まさに至れり尽くせりじゃん!」とこの動画をご覧のあなたは思うかもしれませんが…

 

これは高待遇というより、とても口外できない任務…?の口止め料なのだとされています。

 

■とにかく処女

f:id:Phantasia:20170725085744j:plain

喜び組』に選ばれるにはいくつか条件があります。

 

年齢は18歳から25歳までの美女であること。

 

朝鮮労働党の組織指導部第5課という部署の職員が全国の学校を回り、美人の学生を物色するそうです。

 

まず約300人を厳選し、さらにその中から健康診断を経て約50人を選別するそうですよ。

 

特に絶対条件なのが『処女であること』。

 

顔立ちは、細身ではあるけれど、丸顔でふっくらとしたものでなければならないのだそうですよ。

 

いかにも、北朝鮮最高指導者のご希望が見えみえな条件ですよね。

 

■卒業は25歳

f:id:Phantasia:20170725085803j:plain

喜び組』のメンバーは25歳が定年となっています。

 

その後は秘密保持のため、防衛司令部の将校など、身分の高い幹部と結婚するそうですよ。

 

それまで恋愛はご法度。

 

某アイドルグループ並みに厳しいですね。

 

■下着が見えるほど…

f:id:Phantasia:20170725085819j:plain

喜び組』は3つの部隊で構成されています。

 

1つ目は、歌や踊りを習得し、パーティーを華やかに演出する『曲芸組』。

 

2つ目に、専門医から学んだ按摩やマッサージ、指圧などで政府高官を慰労する『幸福組』。

 

そして3つ目に、パーティーでの接待や性的サービスを担当する『満足組』です。

 

とはいえ、『満足組』以外の女性たちも様々な『奉仕』を行っています。

 

『曲芸組』として宴会に参加した女性はかなり刺激的な衣装で踊りを披露したそうです。

 

いわく、胸をすれすれに隠す程度のブラジャーと下半身はショール以外、何もつけなかったとか!

 

酔った幹部が舞台に上がり、女性のショールをめくったり、下半身を触ったりした事もあるそうです。

 

■脱がされる…!

f:id:Phantasia:20170725085837j:plain

喜び組は、週に1~2回開かれる酒宴に出て接待をしなければいけません。

 

そこでは、わいせつな罰ゲームを強要されることもあるそうです。

 

そのひとつが『カードゲームをし、男女共に負けると服を一枚ずつ脱いでいく』というもの。

 

更に、酔いが回るとますます罰ゲームはエスカレートしていきます。

 

それは『男が負ければバリカンで髪の毛を刈り、女が負けると下の毛を刈る』ものだとか!

 

この罰ゲーム自体、間違ったものですがなぜ男性にも同じ罰ゲームを課さないのでしょうね?

 

このわいせつな罰ゲームは、金正日が酩酊し、パーティーがお開きになるまで続いたそうですよ。