熱血最強ランキング

世界の面白い話や衝撃的な事実、怖い話など 思わず一晩中見てしまいそうな動画をアップしていくブログです。 Youtubeの方へもランキング動画を投稿していますので そちらもの方も見て行ってください。 どうぞよろしくお願いいたします。

【閲覧注意】絶対に遭遇したくないヤバい毒を持つ超危険な生物6選

 

f:id:Phantasia:20170423183951j:plain

あなたは毒を持った動物や虫などに遭遇したことはありますか?

怖いですよね。

 

中には噛まれたり刺されたりすると死に至る強力な毒を持つ生き物もいるようです。

 

そこで今回は、強力な毒を持つ超危険な生き物を

6つ紹介していきますね。


【閲覧注意】絶対に遭遇したくないヤバい毒を持つ超危険な生物6選

 

6.アオミノウミウシ

f:id:Phantasia:20170423184031j:plain

熱帯に生息するウミウシの一種でまるで空に漂うブルードラゴンのようですね。

 

体調は20mm~30mmほどで胃の中に気泡を入れて浮力で海面に浮いているようです。

 

カツオノエボシギンカクラゲなどの猛毒を持つクラゲ類に着生して生活しており不用意に触ると取り込んだクラゲの毒に侵されてしまいます。

 

2017年2月14日にはオーストラリア中東部を襲った記録的熱波の影響からアオミノウミウシが大発生し、サーファーや海水浴客63人が毒の被害に遭ったそうです。

 

モンスターハンター』などに出現しそうなボスキャラ的な見た目ですが、もし見つけたとしても絶対に狩ろうとしないでくださいね。

 

5.カツオノエボシ

f:id:Phantasia:20170423184050j:plain

見た目はとても綺麗な姿をしていますが、実はとっても危険な生き物です。

 

触れると触手表面にある細胞から刺胞という微小な毒針が発射され刺されると電撃を受けたかのような激痛がはしります。

 

二度目に刺されるとアナフィラキシーを起こしショック死する危険もあるとのこと。

 

海水浴のシーズンには特に注意が必要です。

 

カツオノエボシは普段沖合を漂っていますが風により海岸近くまで吹き寄せられてくることがあります。

 

刺されたことによってパニックに陥り溺れることがあるのでまずは落ち着いて岸に戻るようにしましょう。

 

その後は、体に絡み付いている触手を取り除きます。

 

このとき素手で取り除こうとすると刺されてしまうので海水で洗い流すようにしてください。

 

4.ブラックマンバ

f:id:Phantasia:20170423184104j:plain

キングコブラに次いで世界で2番目に長い毒蛇であり世界で最も危険なヘビの一種とされています。

 

名前の由来は、口の中が黒いことからきているそうです。

 

毒は非常に強く、量も極めて多いうえ即効性があります。

 

神経毒のため後遺症が残ることは少ないそうですが、血清があり研究が進んでいるにもかかわらず致死率は高いです。

 

治療が遅れた場合、致死率は100%に近いとされています。

 

気性は荒い方ですが、積極的に人間を襲うことはないそうです。

 

 

3.シャグマアミガサタケ

f:id:Phantasia:20170423184113j:plain

食用ではあるが採取したものをそのまま食べると10時間程で吐き気・嘔吐、激しい下痢と腹痛、痙攣などの症状があらわれます。

 

重症の場合には意識障害や腸や胃などから出血し最悪の場合2日~4日で死に至るそうです。

 

フィンランドでは『耳キノコ』という意味であるコルヴァシエニと呼び食材として比較的よく知られています。

 

毒性の明示と調理方法に関する説明書きを添付することを条件に例外的に販売が許可されています。

 

しかし、多くの外国人は正しい調理方法を知らず興味本位で購入することが多いとのこと。

 

フィンランド食品安全局では外国人向けに調理方法などを記載したパンフレットを配布しているそうです。

 

そこまでして食べたいくらい美味しいキノコなんでしょうか?

 

 

2.アメリカドクトカゲ

f:id:Phantasia:20170423184139j:plain

マリコバ族などの原住民の間では獲物や外敵に毒息を吹きかけて殺す怪物として恐れられています。

 

噛まれると激しい痛みや患部の腫れ・浮腫・眩暈・吐き気などがあり重症の場合は心臓への異常がみられます。

 

しかし、健康な成人の場合は噛まれても死に至ることはないそうです。

 

過去にはペット用の乱獲によって生息数が減少しているとのこと。

 

日本でも飼育は可能だそうですが獣医によるマイクロチップの埋め込みや個体登録・地方自治体への許可が必要になります。

 

唾液から糖尿病の薬の成分が発見されたという衝撃の事実もあるそうですよ。

 

 

1.ペルビアンジャイアントオオムカデ

f:id:Phantasia:20170423184149j:plain

世界最大のムカデです。

 

体調は30cm程で大きいものになると40cmを超えるという巨大種です。

 

最大のムカデだけあって見た目は小さな毒蛇を思わせる程です。

 

首を持ち上げて威嚇するようです。

 

牙の威力も強力でプラスチックの網などは簡単に砕いてしまうほどの威力をもっています。

 

毒の強さについては不明ですが体の大きさから非常に危険であるといわれています。

 

こんなのがいきなり出てきたらあまりの気持ちの悪さに失神してしまいそうですね。